住宅ローン金利について

注文住宅を新築するときには、たいてい住宅ローンによって金融機関からお金を借りることになります。住宅ローンとひとくちにいっても、さまざまな種類があり、まと、取り扱っている金融機関そのものによっても違いがあるため、慎重に判断はなければなりません。
なかでも、こうした住宅ローンを選ぶ上でのポイントとして、もっともたいせつなもののひとつに、金利のタイプが挙げられます。住宅ローンの返済にあたっては、元金と金利の部分の両方を返済しなければなりませんが、金利は元金に対して一定の利率を掛けたものにほかなりませんので、この部分の決め方によって、返済する金額が大きく変わってしまうのです。
一般的な住宅ローンの金利タイプとしては、変動金利型、固定金利選択型、固定金利型といった、3つのタイプが主なものとなっています。
変動金利型は、返済の期間中は、その時々の金利の状況にあわせて、住宅ローンのほうの金利も見直しをしていくというものです。通常は半年ごとに金利が見直され、そのつど新しい金利が適用されることになります。
固定金利選択型は、契約をしてから数年間については金利は固定されているものの、その後は金利を固定にするのか、変動にするのかが住宅ローンを借りた本人の選択によるというものです。最初の金利が固定される期間については、金融機関によって、2年から10年といった幅があります。
固定金利型は、住宅ローンを組む当初の段階で決めた金利が、そのままずっと続くというタイプのものです。金利が固定ですので、特に低金利の時代に住宅ローンを組んでおけば、将来的にもかなり有利になるということができます。
そのほかにも、住宅ローンについては、金融機関ごとに優遇金利が適用される場合があります。これは、金融機関が一定の条件を満たした顧客に対してのサービスとして行っているものであり、たとえば、その銀行の口座をすでに開設して長年にわたって取引関係があるとか、給与の自動振り込みの契約をしているなどといったものが、この場合の条件として挙げられます。
優遇金利が適用される場合、通常のローンで適用される基準金利から、一定の割合だけ金利が引き下げられますので、借りる側にとってはきわめて有利となります。この場合ですが、返済期間の当初の期間だけに優遇金利が適用される場合と、返済期間のすべてにわたって優遇金利が適用される場合の、両方の場合があり、金利タイプによっても異なります。

 

クレジットカードの即日発行じゃけんマッサージのリアル口コミ.com心の童話英語上達の秘訣超SEO対策GetMoney家計見直しクラブショッピングカート初値予想SEOアクセスアップ相互リンク集オーディオ女性の人生童話アフィリエイト相互リンクJALカード