2016年 10月 の投稿一覧

工務店に依頼するメリットデメリット

注文住宅を建てる際に、ハウスメーカーに依頼するべきか
工務店にするべきか悩む方も多いかと思います。
そこで、注文住宅を工務店に依頼するメリット、デメリットについて解説します。

工務店に依頼するメリットとして一番最初に挙げられるのはコストパフォーマンスです。
住宅を建てる費用もハウスメーカーより安く済みますし、
計画期間も短い期間で済むことが多いため、仮住まいなどの諸費用も安く抑えられるのです。
ただし、価格を安く抑えるために手抜き工事をするような悪徳業者も中にいるので
選ぶ際には十分注意が必要です。
また、ハウスメーカーと違い、色々な制約が少ないので
デザインや材料の自由度が高いのも特徴です。

デメリットとしては、工務店によって実力の差が大きいことです。
よく調べてから依頼することが重要になります。
また、最新の設備や流行のデザインなどの知識が少なく対応してもらえないこともあります。

工務店にはメリットデメリットがありますが、
すべての工務店に当てはまるわけではなく、工務店ごとに特色が違うので
大切なのは事前によく調べることです。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅を建てるときに、設計事務所にお世話になることもあると思います。
ハウスメーカーで建築する場合には、ハウスメーカーと提携している設計事務所や、ハウスメーカーに所属している設計士が担当してくれます。
設計士の役割としては、間取りの提案や修正です。
住宅において最も大切なポイントは間取り決めです。
間取りによって居心地の良い家になるか、希望通りの部屋になるかなどが決まってきます。
また建築方法によっては、窓の大きさや部屋の大きさに制限がかかる場合もあるので、専門的な知識を持った人に間取りを見てもらうことが必要です。
このような点で、設計事務所に間取りの作成を依頼すると、強度や希望のデザインなどを考慮した図面の提案をしてもらえます。
提携している設計事務所以外に個人的に依頼をすると、費用が高額であったり、建築方法などの詳しい情報を伝える必要が出てくるので、手間がかかってしまうというデメリットもあります。

断熱性のいい住宅とは

断熱性は光熱費の削減に大きく影響します。日本の住宅は以前から断熱性に問題があると言われており、特に本州以南の地域においては国際基準に照らし合わせてみると、きわめて低い断熱性能の住宅が普通に建てられているという現状もあります。
これから注文住宅を建設しようと考えている方には、断熱性に優れた工法を採用している住宅や、気密性や断熱性を売りとしている住宅メーカーを選ぶなど、真剣に断熱について考えることをおすすめします。
断熱性能の良い住宅が普及している先進地の北海道では、厚みのある断熱材の封入や、ペアガラス、断熱樹脂サッシ、断熱玄関ドア、熱交換型換気システムなどが採用されており、冬でも快適に暮らすことのできるようになっています。これからの住宅に関しては北海道基準が一つの指標となるでしょう。そこまでの断熱については必要ないという考え方もありますが、コストをかけてしっかりと施工することによって、冬の快適性のみならず夏の冷房費の節約にも絶大な効果を発揮します。

家づくりの進め方

注文住宅のメリットは、3階建てがいい平屋にしたい地下室がほしい、二世帯住宅を考えている、趣味に特化した、ペットも安心して暮らせるなど自分や夫婦、家族で話し合った好みの家が建てられることです。
またその家で子供の成長や家族の将来を想像するのも楽しみの一つです。
土地をすでにお持ちなら良いのですが、持っていない場合土地探しをします。学校や病院・公園など新しい生活をしていくうえで、必要な環境がそろっているのかなど考えなくてはいけません。
そしてこのような土地探しや費用、建築内容などを相談をする、ご自身や家族に合った依頼先、ハウスメーカーや住宅メーカー・工務店を選ぶのはとても重要になってきます。
新築・注文住宅が完成するまでの間、同じ目標に向かって進むわけですから、良い信頼関係を維持して小さな行き違いや、トラブルでも解決していきましょう。
モデルハウス展示場に来場したり、信頼できるメーカーや工務店を中立の立場から探してくれる、プロにお願いするのがよいです。

後悔しない住宅会社の探し方

趣味の部屋を持ちたい人は、注文住宅でマイホームを作りましょう。画一的な間取りで建築されている建売分譲住宅よりも、柔軟で使い勝手の良い空間を設計してもらえるからです。書斎や趣味の部屋は、必ずしも独立した間取りにしなくても、ガレージに隣接させたり、地下空間や中二階構造で実現させる方法もあります。地下空間や中二階構造は、増設工事が困難なので、新築のときに設計してもらい、最初から施工しておきましょう。隠れ家のような間取りを演出できる注文住宅の工務店は心強いです。隠れ家のような間取りには、書斎や趣味の部屋だけでなく、アイランドキッチンのように家族や仲間と料理を楽しみながら作れる生活空間も含まれます。趣味の空間は、家事をスムーズに行なうためにも役立ちます。家族の動線を意識しながら設計してくれる工務店は心強いので、相談するときは間取りと動線の関係について質問してみましょう。住宅完成後の改善ではなく、新築のときから施工してもらうのがポイントです。

失敗しない資金計画

新築の住宅を購入する際、ほぼ大半の方が住宅ローンを組み返済をしていきます。
住宅ローンを組むにあたり、あらかじめやっておかなければならないのが資金計画です。
この資金計画の精度が低いと後々、住宅ローンの返済が負担となってしまい生活も出来なくなり、購入したマイホームを売却するという事態になります。三重県で新築の住宅ローン相談なら、まずは、精度の高い資金計画を立案する事が非常に重要となります。
住宅ローンの返済は、借り入れする金額や選択する金利、返済する年数で大きく変化します。失敗しない為にも毎月の返済出来る金額を算出しなくてはなりません。
将来に渡り自身の年収がいくらあり、支出がどれだけあるか確認した上で、毎月返済出来る金額を割り出す事が大切です。
上限一杯の資金計画を立てると苦しくなる為、若干の余裕を持たせた資金計画を作る事が重要でもあります。
以上、分譲や注文住宅を建てる前には、必須で資金の計画やライフプランを作る事を推奨致します。

注文住宅の設計について

注文住宅を依頼する場合、依頼先には大きく分けてハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つがあります。中でも設計について特化しているのは設計事務所です。家の外見のデザインや土地が狭かったり変形していたりしても、設計事務所ではデザインや住み心地にこだわった抜群の提案力を発揮してくれます。施工も建築士が提案したプランを実現することを第一目的とした工務店に依頼し現場のチェックも行うので、施工の都合を優先させた仕上がりになりにくく、いつでも依頼主目線でプランが進めやすいというメリットがあります。コスト面からみると工務店に支払う施工費用とは別に、設計事務所に対して設計料や監理料が発生するため、工務店に依頼する場合に比べて金額は高くなります。しかし、予算をかける部分とかけない部分などでバランスを取ることによってある程度のコスト削減は可能です。依頼する設計事務所から事前にいくつかの見積もりパターンを提示してもらいしっかりとチェックして行くことによって、大幅な予算オーバーを防ぐことができます。

本当に賢い住宅ローン返済方法は?

本当に賢い住宅ローン返済方法ですが、まずは完済までの返済計画を立てる事です。三重県で住宅ローンの借り入れ額と借り入れ年数、毎月の返済金額の設定をして総返済額や利息の支払いについて想定する事で、返済計画を作る事が出来ます。自分の収入で毎月いくらまでであれば返済していけるかをチェックする事が重要です。そして、総返済額を軽減出来る返済方法として繰り上げ返済があります。繰り上げ返済は、借り入れている期間を縮めて総支払額や利息を減らす事が出来る返済方法の為、有効活用する事で返済金額を減らせます。また、借り入れから10年間受けられる住宅ローン控除分を繰り上げ返済に回す事で、より効率良く返済し利息を軽減出来ます。繰り上げ返済と住宅ローン控除で還付されるお金を上手に活用する事が賢いローンの返済方法となります。将来的に借り換えを行い金利を下げて返済金額を減らすのも有効な手段です。正確な返済計画を立て、繰り上げ返済などを上手に活用する事が大切です。

理想のマイホームを手に入れ家族が笑顔で暮らせるようになりました

屋上で家庭菜園を行ったり、バーベキューをしたりすることが出来る設計の家を探していました。自由な設計をされている新築を見つけることが出来て、自分の理想にぴったりだったので、すぐに購入しました。ロフトも付いていて、空間を上手に利用しているところが良いです。子供たちも秘密の隠れ家見たいと喜んでくれています。マンション暮らしの時には、近隣の迷惑にならないようになるべく音を立てないで行動をするようにしつけていましたが、新築になって細かな騒音を気にしなくて良くなりました。庭で子どもたちと一緒になって遊んでいる夫の姿を見ると、新築を購入して良かったと実感してきます。私も、自分の部屋を持てたことで趣味のハンドメイドに力を入れて、部屋の飾りつけに夢中になっています。仕事から家に帰ってくることが楽しみになりました。平日と休日で、楽しみを変えて暮らすことが出来る家になったので、メリハリのある生活を送ることが出来ています。

住宅ローン借入可能額を増やす生命保険見直し法

家を新築するにあたって住宅ローンを利用します。住宅ローンを借りる際には団体生命保険に加入するのが一般的です。万一の時は、死亡保険金とローンが相殺される契約が結ばれることになります。銀行等の金融機関のローンは、加入を義務付けていることが多く、その保険料は金融機関が払ってくれます。一般の生命保険と同じように医療保険を追加することもできます。
住宅ローンの借入可能額を増やすためには、現在加入している保険の見直しをすることが不可欠です。
住宅ローンは、長く借りて早期に返済を終えることが必要だといわれます。三重県で新築、住宅ローンの借入可能額を増やすとは、病気、事故にあったときローンの支払いを無理なく支払っていくことともつながります。現状の保険金に重複した部分がないか、保障を見直し将来の繰り上げ返済に備えておくことも重要です。
特に手厚い死亡保障をかけているケースでは、「一人になった時の住宅費」を想定していることが多いです。
団信保険金が、住宅ローンで相殺されるのであれば保障額の減額が可能になります。生活費の確保、病気等によって働けなくなった場合の保険に切り替えていくこともできます。将来を見据えた見直しが賢い選択です。