未分類

全館空調 電気代はどれくらい?

新しく家を建てる予定がある方は、節電対策などに気を使った家作りをしたいと考えているご家庭も多いです。特に近年注目されているのが室内ごとにエアコンを設置して空調管理をする方法ではなく、リビングや寝室、洗面所や廊下など家全体の温度を一定の温度に管理することが出来る「全館空調」のシステムが人気になっています。メインモニターで温度を設定するだけで、暖房と冷房どちらも機能して家全体を一定の空調管理をしてくれるので、ヒートショックなどの温度差によって起こるトラブルを未然に防ぐことが出来るメリットをもっています。
ただこの全館空調は基本24時間可動となるので、一日中空調を利用するとなると電気代がかかってしまうのでは?と不安に感じる方は多いです。約35~44坪の家の場合、平均で月1万円前後の電気代がかかるといわれています。室内ごとにエアコンを利用するよりもコストが高くなってしまいますが、家中を空調管理することで快適に保つためにかかる電気代と思えば高くはないという方も多いです。

新居に引っ越す前に新築一戸建ての撮影を!

新築一戸建てを建てたのでしたら、すぐに写真を撮影しておくべきです。「いやいや、新築一戸建て住宅に引っ越してからでしょう」とか、「引越しの家具などが落ち着いたら、新築一戸建てを撮影したい」という人もいることでしょう。

気持ちはよーくわかります。やはり新築一戸建てなのですから、家具も家電もその他の生活用品の配置が終わって、ベストな状態を作り上げてから、記念の写真を撮りたいですよね。

しかし、引っ越し前の新築一戸建て住宅の方がキレイに撮影できるでしょう。新築一戸建てマイホームに引っ越してからの方が撮影チャンスはないんですから。なぜなら、なかなか片付かないものですし、それに生活をしていきますと、どうしても物がごちゃごちゃあふれてしまいます。あれやこれやと生活感を感じさせるアイテムが写真に写り込んでしまうことだって珍しいことではないでしょう。

そしてだからこそ、新築一戸建て住宅に引っ越しをする前に、空の新築一戸建てを写真におさめておいてください。せっかくの新築一戸建てを写真に残しておきたいのなら。

価格が安いリフォームの見積の注意点

リフォームをするときには、必ず見積もりを出してもらってから進めていくようにしなくてはなりません。
出来るだけ価格を安くするためにも、相見積もりをして安くていい業者を探すようにしておきましょう。
いくつかの業者に見積を出してもらうと、その中には安い業者を見つけることが出来るはずです。
しかし価格が安いからといっても、注意しておかなくてはならないのが、項目が明確に記載されていない場合です。
何にどのくらいお金が必要になるのかをしっかり記載してくれていない場合には、なぜそれほどまでに安いのかを知ることが出来ません。
項目の記載がなく、まとめて値段だけを書かれているとなると、何かをごまかしている可能性がありますので、ずさんな工事をされてしまう可能性があります。
明確に記載がない場合には細かく内訳を聞いてみるようにし、あいまいな回答であれば、いい工事をしてもらうためにもその業者はできるだけ避けるようにしておいた方がいいでしょう。

リフォームしやすい戸建ての工法

ライフスタイルが変わるなど、長くその家に住んでいればリフォームをしなければならない場面も出てきます。三重の戸建ての場合、その構造によって、リフォームのしやすさが変わってきます。
例えば、一般的な在来工法で建てられた木造軸組工法は、柱で家を支える構造ですので、一部筋交いの入った壁など構造に必須の場所を除き、壁を取り払いやすくリフォームが比較的容易にできます。日本に昔からある工法で、今でも新築の4割を占めるため、職人さんも多く、材料も比較的安いことから、リフォームするには自由度の高い構造であるといえます。
海外から入ってきた工法でツーバイフォー工法というものがありますが、壁で家を支える工法なので、そう簡単に壁や床を抜くことができません。
職人も専門の職人にお願いすることが必要です。木の代わりに鉄を使用した鉄骨構造の建物は、木造と同じように壁を取るなどの間取りのリフォームは比較的やりやすいのですが、構造自体は動かすことができません。

工務店に依頼するメリットデメリット

注文住宅を建てる際に、ハウスメーカーに依頼するべきか
工務店にするべきか悩む方も多いかと思います。
そこで、注文住宅を工務店に依頼するメリット、デメリットについて解説します。

工務店に依頼するメリットとして一番最初に挙げられるのはコストパフォーマンスです。
住宅を建てる費用もハウスメーカーより安く済みますし、
計画期間も短い期間で済むことが多いため、仮住まいなどの諸費用も安く抑えられるのです。
ただし、価格を安く抑えるために手抜き工事をするような悪徳業者も中にいるので
選ぶ際には十分注意が必要です。
また、ハウスメーカーと違い、色々な制約が少ないので
デザインや材料の自由度が高いのも特徴です。

デメリットとしては、工務店によって実力の差が大きいことです。
よく調べてから依頼することが重要になります。
また、最新の設備や流行のデザインなどの知識が少なく対応してもらえないこともあります。

工務店にはメリットデメリットがありますが、
すべての工務店に当てはまるわけではなく、工務店ごとに特色が違うので
大切なのは事前によく調べることです。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅を建てるときに、設計事務所にお世話になることもあると思います。
ハウスメーカーで建築する場合には、ハウスメーカーと提携している設計事務所や、ハウスメーカーに所属している設計士が担当してくれます。
設計士の役割としては、間取りの提案や修正です。
住宅において最も大切なポイントは間取り決めです。
間取りによって居心地の良い家になるか、希望通りの部屋になるかなどが決まってきます。
また建築方法によっては、窓の大きさや部屋の大きさに制限がかかる場合もあるので、専門的な知識を持った人に間取りを見てもらうことが必要です。
このような点で、設計事務所に間取りの作成を依頼すると、強度や希望のデザインなどを考慮した図面の提案をしてもらえます。
提携している設計事務所以外に個人的に依頼をすると、費用が高額であったり、建築方法などの詳しい情報を伝える必要が出てくるので、手間がかかってしまうというデメリットもあります。

断熱性のいい住宅とは

断熱性は光熱費の削減に大きく影響します。日本の住宅は以前から断熱性に問題があると言われており、特に本州以南の地域においては国際基準に照らし合わせてみると、きわめて低い断熱性能の住宅が普通に建てられているという現状もあります。
これから注文住宅を建設しようと考えている方には、断熱性に優れた工法を採用している住宅や、気密性や断熱性を売りとしている住宅メーカーを選ぶなど、真剣に断熱について考えることをおすすめします。
断熱性能の良い住宅が普及している先進地の北海道では、厚みのある断熱材の封入や、ペアガラス、断熱樹脂サッシ、断熱玄関ドア、熱交換型換気システムなどが採用されており、冬でも快適に暮らすことのできるようになっています。これからの住宅に関しては北海道基準が一つの指標となるでしょう。そこまでの断熱については必要ないという考え方もありますが、コストをかけてしっかりと施工することによって、冬の快適性のみならず夏の冷房費の節約にも絶大な効果を発揮します。

家づくりの進め方

注文住宅のメリットは、3階建てがいい平屋にしたい地下室がほしい、二世帯住宅を考えている、趣味に特化した、ペットも安心して暮らせるなど自分や夫婦、家族で話し合った好みの家が建てられることです。
またその家で子供の成長や家族の将来を想像するのも楽しみの一つです。
土地をすでにお持ちなら良いのですが、持っていない場合土地探しをします。学校や病院・公園など新しい生活をしていくうえで、必要な環境がそろっているのかなど考えなくてはいけません。
そしてこのような土地探しや費用、建築内容などを相談をする、ご自身や家族に合った依頼先、ハウスメーカーや住宅メーカー・工務店を選ぶのはとても重要になってきます。
新築・注文住宅が完成するまでの間、同じ目標に向かって進むわけですから、良い信頼関係を維持して小さな行き違いや、トラブルでも解決していきましょう。
モデルハウス展示場に来場したり、信頼できるメーカーや工務店を中立の立場から探してくれる、プロにお願いするのがよいです。

後悔しない住宅会社の探し方

趣味の部屋を持ちたい人は、注文住宅でマイホームを作りましょう。画一的な間取りで建築されている建売分譲住宅よりも、柔軟で使い勝手の良い空間を設計してもらえるからです。書斎や趣味の部屋は、必ずしも独立した間取りにしなくても、ガレージに隣接させたり、地下空間や中二階構造で実現させる方法もあります。地下空間や中二階構造は、増設工事が困難なので、新築のときに設計してもらい、最初から施工しておきましょう。隠れ家のような間取りを演出できる注文住宅の工務店は心強いです。隠れ家のような間取りには、書斎や趣味の部屋だけでなく、アイランドキッチンのように家族や仲間と料理を楽しみながら作れる生活空間も含まれます。趣味の空間は、家事をスムーズに行なうためにも役立ちます。家族の動線を意識しながら設計してくれる工務店は心強いので、相談するときは間取りと動線の関係について質問してみましょう。住宅完成後の改善ではなく、新築のときから施工してもらうのがポイントです。

失敗しない資金計画

新築の住宅を購入する際、ほぼ大半の方が住宅ローンを組み返済をしていきます。
住宅ローンを組むにあたり、あらかじめやっておかなければならないのが資金計画です。
この資金計画の精度が低いと後々、住宅ローンの返済が負担となってしまい生活も出来なくなり、購入したマイホームを売却するという事態になります。三重県で新築の住宅ローン相談なら、まずは、精度の高い資金計画を立案する事が非常に重要となります。
住宅ローンの返済は、借り入れする金額や選択する金利、返済する年数で大きく変化します。失敗しない為にも毎月の返済出来る金額を算出しなくてはなりません。
将来に渡り自身の年収がいくらあり、支出がどれだけあるか確認した上で、毎月返済出来る金額を割り出す事が大切です。
上限一杯の資金計画を立てると苦しくなる為、若干の余裕を持たせた資金計画を作る事が重要でもあります。
以上、分譲や注文住宅を建てる前には、必須で資金の計画やライフプランを作る事を推奨致します。